地域情報 生活情報 健康思考 通信販売 産直情報 ときどき通信 maile
散歩見所 暮しの知恵 気持ちいい身体 安心の定番 Person&Space ギャラリー然
お勧めの店 手仕事紹介 東洋医学から 特商法表示 おすすめ本 会社案内 HOME
更新日:04.8.11


深川とっくり座「ふたたび丹青の『千両みかん』」掲載にあたって

 写真展『鬼子母神境の猫ばあば』で武田さんとその作品に出会い、間もなく“深川とっくり座”という劇団の写真を撮っていることを知りました。写真を拝見しながら、劇団との関わりや劇団を構成する方々のお話などを武田さんからお聞きする内に、2003年8月公演の「丹青の『千両みかん』」の写真を掲載させていただくことになりました。
 劇団とっくり座の写真に写っているのは、舞台に立つ役者さん一人一人の魅力、そして自由と元気。その役者さん達が共演してつくる舞台をぜひ観てみたいと思わせるものでした。
 恒例の劇場公演はもう間近
、あなたもとっくり座の舞台を見に行きませんか。
 
深川とっくり座「公演第21回 丹青の『皿屋敷』」
深川江戸資料館小劇場にて  2004年08月20日(金)〜22日(日)
【深川とっくり座】http://homepage3.nifty.com/tokkuriza/

上記公演期間中、武田貞子さんの写真が同小劇場に展示されます。
丹青の『粗忽長屋からの使者』」2004年2月公演
(2004.08.01) 

  No.05   武田貞子 TAKEDA Teiko
深川とっくり座のこと

 「深川とっくり座」のみなさんは、他にお仕事をしながら演劇を続けています。江戸深川資料館小劇場で年二回の定期公演の他、老人ホームや養護学校に出向いて短編を上演します。舞台は落語をもとにした愉快な芝居で、フィナーレは全員で歌って踊るシーンで盛り上がります。座長の丹青さんが脚本と演出、パートナーの由紀美さんが振付けを担当。着物姿でのアップテンポな曲に合わせての踊りは見物です。
 昨年8月の公演で、劇団は旗揚げ10周年を迎えました。今回の写真はその時のもので、今
年2月の公演期間に深川資料館小劇場に展示したものの一部です。これからも、「深川とっくり座」から目が離せません。
  2004.08.11 武田貞子  

  【舞台あらすじ】大店のお嬢さん、何とも思いつめた様子で食事も進まない。
恋煩いではと心配し、まわりの者たちがあれこれ苦労を重ねて聞き出してみると…。
何と、お嬢さんの恋い焦がれていたのは、この夏の暑い盛りにあろうはずも無い○○○!
※小さい写真は、クリックして拡大写真で見られます。



舞台前の楽屋で

舞台を目指し練習
 

小公演「めぐすり」
「深川とっくり座」の“公演情報”“公演依頼”についてのお問合せは
直接「深川とっくり座」までお願いいたします。


★作品の著作権は、作者(武田貞子さん)に帰属します。無断使用、無断転載は禁止いたします。





無断転載はご遠慮下さい。