1場
エモンさんは 鬼子母神の お堂のそばで 
ちっちゃい ちっちゃい お店を開いて 風車を 作って 売っていました。
ある日 売れのこった 風車を かぞえて
 「おやっ、うーん 一本 たらんぞ!」と くびを ひねりましたが
 「まあいいか わしの 思いちがいかも・・・」
戻りボタン 進めボタン


Communication-Support,Limited Partnership. All Rights Reserved.
無断転載はご遠慮下さい。