地域情報
-新宿区-お勧めの店
更新日:07.12.01 
早稲田・山吹町・矢来町・水道町界隈

【早稲田】
 たい焼 カタオカ 和菓子餡作りが本職のたい焼屋・餡たっぷりで…!
■お問合せ■
Tel.03-3202-2666
<日曜定休>
お店は、都電が通る新目白通り沿いの二本の“赤いのぼり”が立つビル裏側。
都電面影橋駅で降りると新目白通り。左を神田川にして少し進むと、右手に水稲荷神社の文字をを刻んだ石塔が見えます。マンションやビルに挟まれたその石塔のある路地を入ってすぐ左に折れると、左に『たい焼カタオカ』の小さいお店。お店の目の前には甘泉園公園。そこを訪れる親子やサラリーマン、学生や近所の人たちがたい焼を買って行きます。
途中で出会った近所のお年寄りに「ここのたい焼は、あんこがいっぱい入ってておいしいから買ってきなさい。」と。気持ちのいい声で教えられ、早速買い食い。たい焼は一個70円、餡が多いだけでなくおいしい!もともとが餡作りが本業だからと聞いて得心。甘泉園公園前でたい焼屋を始めてちょうど4年になるそうです。おいしい餡を知ってもらういいアイデアですね。餡だけ別売もしています。
■営業時間:月〜金12:00〜18:00、土・祝祭日11:00〜17:00
■所在・交通:新宿区西早稲田3 甘泉園公園前・都電面影橋駅下車1分
 ※水稲荷神社入口前を左折してすぐ
“おいしい餡がいっぱい&はみだしたフチ”に得した気分。
まるで“たい焼”レリーフ。

 虎 屋 和洋菓子散策途中の休憩店に・おいしいお菓子と珈琲をどうぞ
※閉店しました
戦中は下北沢に店を構えていましたが、戦後間もなく和菓子屋として創業。創業当時、近所に学生寮があって若い人たちが多かったので、洋菓子も始めることになりました。当時和菓子職人と洋菓子職人がいて、和洋のお菓子を両方製造販売するお店は大変珍しかったようです。
平成元年になって、お店の半分で喫茶スペースを開設し、お菓子で紅茶と珈琲を楽しめるお店に。現在、二代目主人が和洋両方のお菓子作りを続けています。
今では洋菓子が主流になりましたが、昔からの虎屋特製栗饅頭は健在です。また、馴染み客の要望で十数年ぶりに復活した洋菓子“ミモザ”もお勧めです。
■営業時間:09:30〜18:00
■所在・交通:新宿区西早稲田1-16・都電早稲田駅下車0.5分、豊橋手前

洋菓子・MIMOZA
ふんわりしたココア生地にサンドされているのは、栗のはちみつ甘露煮。刻んだ栗をはちみつで煮る時、ミモザの花のように見えることから命名。サンドした栗餡がこぼれないように、まわりをチョコレートでコーティング。ブランデーとラム酒が香る絶妙なおいしさです。(写真下・左から2つ目)

都電早稲田駅
和菓子・栗饅頭
上品な甘味。お饅頭の皮・白餡・栗が柔らかく一体となり滋味。(写真下・右端)
 



【山吹町】取材・制作予定です。今しばらくお待ちください。
【矢来町】取材・制作予定です。今しばらくお待ちください。
【水道町】取材・制作予定です。今しばらくお待ちください。

※上記の情報は掲載時のものです。詳しいことは各店鋪へお問合せください。



Com-Support Top地域情報-豊島区-お勧めの店-文京区-お勧めの店・-新宿区-お勧めの店

Copyright (C) 2003,Communication-Support,Limited Partnership. All Rights Reserved.
無断転載はご遠慮下さい。