コム・サポートタイトル
4・13 根津山小さな追悼会タイトル
更新日:07.11.18 

平成17(2005)年度・第10回追悼会
―戦後60周年―

「二十世紀の情景―駅の東に森があった―」著者挨拶



場 所 豊島区南池袋公園空襲犠牲者哀悼の碑』前
(豊島区南池袋2-21
日 時 平成17年4月13日(水)午後2時〜3時30分まで
主 催 4・13 根津山小さな追悼会実行委員会
後 援 豊島区・豊島区町会連合会

  式 次 第
  司会: 実行委員 三上明子
  ●開会のことば 実行委員 金石教子
  ●ごあいさつ 代  表 小田光野
  ●黙 祷 全  員
  ●鎮魂のことば 参加有志
   参加者の追悼の辞、お経(佛教)、お祈り(キリスト教)
  ●朗 読 豊島朗読の会“ききみみずく”
  「二十世紀の情景―駅の東に森があった―」 矢島勝昭 著
 戦争が長引き、食料が不足してきた。子供も大人も根津山へきて、雑草をむしりササの根を掘り起こし、荒地を開墾した。二坪か三坪の小さい畠がそこここに生まれ… 他
  ●献 花 全  員
  ●斉 唱 「花」武島羽衣 作詞 全  員
  ●閉会のことば 名誉顧問 前島郁子


 今年も平和を祈るこの小さな追悼会に沢山のご協力とご参加ありがとうございました。昭和20年4月13日城北大空襲被災から60年。平成8年に発足した「4・13根津山小さな追悼会」は、おかげさまで10年目を迎えることができました。かつて起きた取り返しのつかない戦争を二度と繰り返す事なく平和への希望の道を切り開く社会であることを切に願ってやみません。
 来年も同じ日時、南池袋公園にて皆さまのご参加をお待ちしております。

●新聞掲載記事で見る今年の追悼会」
【産経新聞】平成17年4月13日(水) 【東京新聞】平成17年4月14日(木)
【産経新聞】平成17年4月14日(木) 【毎日新聞】平成17年4月16日(土)
【豊島新聞】平成17年4月19日(火) 【広報としま】平成17年4月20日(水)
【しんぶん赤旗】平成17年4月*日


受付け

設営1

設営2

会場全景/朗読

朗読

献花

ドットライン

根津山のポストカード
追悼会10周年記念ポストカード

駅の東に森があった
―戦前、被災前の池袋駅東口―

 今年は戦後60年。そして小さな追悼会が発足して10年を迎えることができました。
 会では10周年を記念し、城北大空襲被災前の根津山周辺のイラストをポストカードにしました。
 矢島勝昭さんのイラストで、なぜ「根津山小さな追悼会」というのか、この辺りは当時はどんな様子だったのか、何があったのかを話すきっかけになるようなポストカードになりました。
 この小さなポストカードがこの会の活動や被災者の体験を伝える助けになりますように…。

ドットライン

 【産経新聞】平成17年4月13日(水)
  ▲産経新聞/平成17年4月13日(水)

 【東京新聞】平成17年4月14日(木)
  ▲東京新聞/平成17年4月14日(木)

 【産経新聞】平成17年4月14日(木)
  ▲産経新聞/平成17年4月14日(木)

 【毎日新聞】平成17年4月16日(土)
  ▲毎日新聞/平成17年4月16日(土)

 【豊島新聞】平成17年4月19日(火)
  ▲豊島新聞/平成17年4月19日(火)

 【広報としま】平成17年4月20日(水)
  ▲広報としま/ス成17年4月20日(水)

 【しんぶん赤旗】平成17年4月*日(*)
  ▲しんぶん赤旗/平成17年4月*日(*)


「4・13 根津山小さな追悼会」にお力をお貸しください。

皆さんとともに心に響くよい会にしていきたいと思っています。
追悼会へのご参加、ご協力、率直なご意見ご要望をお待ちしています。
【事務局】03-3971-4771 小田光野



Com-Support Top4・13根津山小さな追悼会/2005年の追悼会

Communication-Support,Limited Partnership. All Rights Reserved.
無断転載はご遠慮下さい。