コム・サポートタイトル
4・13 根津山小さな追悼会タイトル
更新日:07.10.11 

平成18(2006)年度・第11回追悼会



場 所 豊島区南池袋公園(旧称「根津山」)空襲犠牲者追悼碑前
 (豊島区南池袋2-21)
日 時 平成18年4月13日(木)午後2時〜3時まで
主 催 4・13 根津山小さな追悼会実行委員会
後 援 豊島区・豊島区町会連合会

  式 次 第
  司会: 実行委員 三上明子
  ●開会のことば 金石教子
  ●ごあいさつ 実行委員代表 小田光野
  ●黙 祷 全 員
  ●鎮魂のことば 参加有志
  ●朗 読(記念文集より) 豊島朗読の会“ききみみずく”
  「空襲で亡くなった祖父」 渡辺孝子 記
 祖父は火達磨になって即死状態、その火を消そうとした伯父は…
「4・13根津山にまつわる空襲被災体験」 尾上多喜雄 記
 高田南町方面から燃え上がってきた火で付近一帯とともに
 すべて焼きつくされ、消火と誘導に当たっていた父を残し…
  ●10周年記念文集のご報告 実行委員 高尾裕子
  ●献 花 全 員
  ●斉 唱 「花」武島羽衣 作詞 全 員
  ●閉会のことば 名誉顧問 前島郁子



 今年も平和を祈るこの小さな追悼会に沢山のご協力とご参加ありがとうございました。昭和20年4月13日城北大空襲被災から61年。平成8年に発足した「4・13根津山小さな追悼会」は、おかげさまで11年目を迎えることができました。かつて起きた取り返しのつかない戦争を二度と繰り返す事なく平和への希望の道を切り開く社会であることを切に願ってやみません。
 会の呼び掛けでお寄せいただきました空襲被災体験を記録した「10周年記念文集」も4月13日に発行することができました。多くの方々にお読みいただき、戦禍の記憶を共有し語りつぐことができるよう願っています。
 来年も同じ日時、南池袋公園にて皆さまのご参加をお待ちしております。

●新聞掲載記事で見る今年の追悼会」
 【東京新聞】平成18年4月14日(金)23面
 【毎日新聞】平成18年4月14日(金)23面
 【産経新聞】平成18年4月14日(金)27面
 【読売新聞】平成18年4月16日(金)
 【豊島新聞】平成18年4月19日(金)2面

●「10周年記念文集」詳細

4.13 根津山小さな追悼会
―10周年記念文集―
私たちの街に大きな空襲があった

2006年4月13日 発行
[編集発行]
4.13根津山小さな追悼会実行委員会
[連絡・記念文集取扱い先]
同実行委員会 代表・小田光野
Tel.03-3971-4771




 【東京新聞】平成18年4月14日(金)23面
  ▲東京新聞/平成18年4月14日(金)23面
※掲載内容に誤りがありますので以下に正しく記載いたします。
誤記1 記念碑(正確には「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」)が建てられたのは戦後50周年の1995(平成7)年8月11日で、追悼会の働きかけで実現しました。
同年4月13日に地元一般有志(根津山小さな追悼会創設者)の手で初めての追悼会が行われてから後、追悼会の継続を願って関係者たちが加藤一敏区長に碑の建立を請願(同年6月9日)、交渉を行ったことで実現したものです。
誤記2 「4・13根津山小さな追悼会」の活動は、今年で11周年目を迎えました。
戦後50年目の1995(平成7)年に「根津山小さな追悼会」で初めて追悼会を行い、翌年から現在の「4・13 根津山小さな追悼会」として活動を続けてきています。正確には追悼会の活動は12年目を迎えたことになります。

ドットライン

 【毎日新聞】平成18年4月14日(金)23面
▲毎日新聞/平成18年4月14日(金)23面

ドットライン

 【産経新聞】平成18年4月14日(金)27面
  ▲産経新聞/平成18年4月14日(金)27面
※掲載内容を補足いたします。
*1 現在の「4・13根津山小さな追悼会」の第一回追悼会は1996(平成8)年4月13日ですが、すでにその前年の戦後50年目、1995(平成7)年4月13日に「根津山小さな追悼会」として初めての追悼会(初回追悼会)を行っているので、正確には初回と第一回からを含めて今年で12年目を迎えていることになります。

ドットライン

 【読売新聞】平成18年4月16日(金)
▲読売新聞/平成18年4月16日(金)

ドットライン

 【豊島新聞】平成18年4月19日(金)2面
  ▲豊島新聞/平成18年4月19日(金)2面
※掲載内容に誤りがありますので以下に正しく記載いたします。
誤記1 記念碑(正確には「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」)が建てられたのは戦後50周年の1995(平成7)年8月11日で、追悼会の働きかけで実現しました。
同年4月13日に地元一般有志(根津山小さな追悼会創設者)の手で初めての追悼会が行われてから後、追悼会の継続を願って関係者たちが加藤一敏区長に碑の建立を請願(同年6月9日)、交渉を行ったことで実現したものです。
(※東京新聞にも同様の誤記)
誤記3 一昨年(平成16年)の秋に記念文集を企画、同年12月に根津山にまつわる空襲被災体験の寄稿を呼びかけました。
誤記4 原稿が集ったのは昨年夏(平成17年7月)。11月には手書き原稿の入力作業が終了、記念文集の編集会議も本格的に始まりました。年が開けると追悼会の準備と平行しての作業となり、2月の段階ではまだ完成のメドが立っていませんでした。実行委員各自の適材適所の尽力により3月に入って制作速度が上がり月末にはデジタルデータ完成までこぎ着けました。2週間と言うのはその後の印刷・製本工程期間のこと。

ドットライン

「4・13 根津山小さな追悼会」にお力をお貸しください。

皆さんとともに心に響くよい会にしていきたいと思っています。
追悼会へのご参加、ご協力、率直なご意見ご要望をお待ちしています。
【事務局】03-3971-4771 小田光野



Com-Support Top4・13根津山小さな追悼会/2006年の追悼会

Communication-Support,Limited Partnership. All Rights Reserved.
無断転載はご遠慮下さい。