タイトル/戦争と平和 Com-Support Official Website
「灰の中からの脱出−城北大空襲後の暮らし−」
  絵:矢島勝昭 ★著作権は作者に帰属します。 更新日:08.11.26

昭和20年4月13日の城北大空襲を境に、
暮らしを根底から破壊し尽された住民たちの生活は一転しました。
空襲後、そして敗戦後の焼野原でどのように生延びたのか…。


悲しみ食糧買 出し焼跡の暮らし進駐軍闇市世相の断片



豊島区域への空襲は昭和19年12月12日をはじめ10回を数えた。
中でも昭和20年4月13日に東京西北部一帯を襲った城北大空襲は、豊島区域の7割を焼失、死者778人、負傷者2,523人、焼失家屋34,000戸、罹災者161,661人に及んだ。投下された焼夷弾は3月10日の下町大空襲を上回るものだった。
※上記地図は、『豊島区都市計画道路現況図 2008年4月現在』地図に『豊島区通史編2』巻末の図19 戦災区域図を重ね合わせて制作したものです。



竜巻で持ち上がったトラック


竜巻で持ち上がったトラック

火の海になった根津山

 4月13日夜、再び警戒警報が鳴る。急いで支度をし電気を消し外にでる。すでにB29が上空から焼夷弾を落していた。都電雑司ヶ谷停留所から池袋寄り20mの所から火の手があがる。法明寺に、落下時分散して落ちる焼夷弾が塊りで落ち、空一面が真黒になり何も見えなくなり、隣りのお稲荷さんから徐々に燃え広がってきたので荷物を持って根津山に行く。根津山には百人位入れる防空壕が道路を挟み4ヶ所あってその1つに入る。

 東西南北が燃えて一面火の海と化した根津山が真空状態になり、あらゆる物が吹き上げられた。道路に止めてあった4トントラックが持ち上がり、下に避難していた4、5人の人が落ちてきた車で潰されたり、木の枝には布団・衣類が花のように引っ掛りペラペラと火煙を出していた。

 朝になり自宅といっても焼跡に戻る途中、身を丸くして焼死した人に会う。先日迄お得意様のおじいちゃんだった。手を合せその場を去り家に着くと、見渡す限りの焼け野原に茫然と立ち竦んでしまった。

廣瀬あきら・当時16才(2006年追悼会文集より)

母のもとには戻れなかった

 足を痛めて歩行困難だった母に代り、和歌山へ入隊する兄を見送るため、生まれてはじめて母のもとを離れたのは17才の時でした。

 大事な兄入隊の見送りの役目を果し和歌山駅へ。簡単に切符が手に入らないことを駅員さんから聞かされましたが、ひたすら頭を下げ続けました。
 しばらくして、涙も枯れた私に「この切符をお渡しすることが良いのか悪いのか、わかりません。途中で万一のことでもあったら貴女のお母さんに申し訳が立ちません。サイレンが鳴ったら必ず安全な所に避難して下さい。無事にお母さんの所へ帰れることを祈っていますよ」

 何回かの空襲警報のサイレンを耳にしながら無事池袋駅へ。我が家の方角すらわからない程の変わり様。家族の姿を目ざして歩きました。「おばあちゃん、おかあさん…」声を限りに呼び続けました。返事はありませんでした。
 池袋駅前の根津山に避難した家族、突然の竜巻でトラックが倒され母は亡くなりました。

田中久子(2008年5月のお手紙より)



今回の絵の多くは、現在掲載中のブログ小説「あいけばくろう」に提供したものです。当時の世相・情景を伝える挿し絵として使われています。このブログ小説には、西条道彦氏が戦後の池袋界隈を舞台に城北大空襲で焼き尽された後、戦後の混乱期を生き抜く庶民が描かれています。絵を描くにあたっては、記憶や事実関係の確認など同時代を経験する西条氏には多くのご助言をいただきました。(矢島勝昭)
――――――矢島勝昭:当時16歳 雑司が谷4丁目(現・南池袋2丁目)で被災
――――――西条道彦:当時12歳 池袋3丁目1677番地(現・池袋3丁目)で被災

●参考文献
『豊島区史年表編』 豊島区 1982年
『豊島区史通史編2』 豊島区 1983年
『豊島区史通史編3』 豊島区 1992年
『豊島区史資料編4』 豊島区 1981年
『豊島区史資料編5』 豊島区 1989年
『東京闇市興亡史』 草風社 1978年 (東京焼け跡ヤミ市を記録する会・編) 
『はじまりの場所 ―日本の沸点』 こぶし書房 2006年 (樋口健二・著) 
『富田通信(酒の談話室)』 富田酒店 2007年
『写真でみる豊島区50年のあゆみ』 豊島区 1982年
『写真にみる豊島60年のあゆみ展』 豊島区教育委員会 1992年 (豊島区立郷土資料館・編) 
『五十年目の祈り―豊島区平和祈念誌』 豊島区 1995年
『4・13根津山小さな追悼会10周年記念文集』 4・13根津山小さな追悼会実行委員会 2006年 
『決定版・昭和史 第12巻 空襲・敗戦・占領』 毎日新聞社 1983年
『戦後40年-100の写真』 文藝春秋 1985年
『個人史ノート』 個人史をつくる会 1996年
『豊島区都市計画道路現況図』 豊島区都市整備部都市計画課 2008年4月現在
『池袋「やみ市」の実態』立教大学社会学部研究室 1984年 (星野朗、松平誠・著)

●参考サイト
『あいけばくろう』ブログ小説(西条道彦・著)2007年〜連載中
『東京都の米軍基地対策』東京都知事本局 基地対策室
『厚生白書』厚生労働省(白書データベース)
『東武百貨店』会社概要/沿革


悲しみ食糧買出し焼跡の暮らし進駐軍闇市世相の断片



Communication-Support,Limited Partnership. All Rights Reserved.
無断転載はご遠慮下さい。